ゆとりっぷ リサイクル福祉用具・介護用品
■電動介護ベッド

【ベッド本体】

・1モーターベッド
背上げ機能、もしくは背上げ+膝上げ連動の機能が付いた
ベッド。


・2モーターベッド
背上げ+膝上げ連動の機能と高さ調節機能の付いたベッド、もしくは、背上げ+膝上げが個別に動く機能が付いたベッド。

モーターベッド
背上げ、膝上げが個別に動く機能と高さ調節機能の付いた
ベッド。


らくらくモーション
パラマウントベッド社で開発された機能で、ボタン一つ
でより自然で快適な起き上がりを実現したもの。


・ベッド幅
ほとんどが83cm〜100cmのものとなっています。
ベッド上で
の介護を中心に考える場合は、介護者の手が届きやすい幅の狭いベッドを。
使用者のベッド上での動作を中心に考える場合は、動きやすい幅のベッドを選びましょう。


・ギャッチアップ 
背や膝が上がったり、高さが変わったりする機能。
これは使用者がベッドから起き上がったり、立ち上がったりするときに便利な機能で、介護者の負担も軽減されます。


【マットレス】

硬さについて
マットレスの硬さは、上向きになって背骨がゆるやかなS字形のカーブ
を保つことのできる“適度な硬さ”が理想的とされています。硬すぎるマットレスは、骨の突出部などを圧迫します。
逆に、柔らかすぎるマットレスは、身体が沈み込んで身動きがとりにくくなります。ただし、人が心地よいと感じるマットレスの硬さは個人差が大きく、基準はありません。
本人の好みに合わせて慎重に選びたいものです。



・種類について

「標準マットレス」

通気性・耐久性が高い化繊が多く用いられてい
ます。やや硬めで、ベッド上で動いても安定性に優れているのが特長です。

「じょくそう予防マットレス」
寝返りが自由にできない方は、身体下面の骨の突出部が圧迫されて、じょくそうを誘発する恐れがあります。
じょくそう予防マットレスのほとんどが身体の圧力を分散させるために、やわらかい素材でできています。
しかし、柔らかさの程度によっては、
ベッド上で動きにくくなる場合もありますので、選ぶ時は注意が必要です。

注意
マットレスは、本来布団の役目をするものです。マットレスの上に布団
を敷かれる方も多くいますが、そうすると背上げをした際に布団がずれ落ちてしまい、きちんとした姿勢が保てなくなってしまいます。
電動介護ベッドをご利用の際は、マットレス+ベッドパッド+シーツのセットでご利用下さい。



【標準サイズ(単位:mm)

・幅
 
830・910・1000

・長さ
 
1800・1910・2050

・高さ(無昇降時〜昇降時)
 
200〜450位

・背ボトム角
 
0°〜70°位


【付属品】

・ベッド柵
利用者本人と寝具の落下防止が主な役割です。柵の長さは、ベッド
全長の2分の1の長さのものと、3分の1の長さのものなどがあります。


・介助バー
介助バーはベッド本体に固定されますので、支えたり引っ張ったり
してもガタガタしません。ベッドの端に座った時に、姿勢を保持したり、立ち上がるときに便利です。

・テーブル

「オーバーテーブル」

ベッド上で上半身を起こして使用します。
背上げをした時に、体が足元にずり落ちてテーブルが使いにくくならないように注意が必要です。

「座位保持テーブル」
ベッドの端に座って使用します。テーブル面に体が入る形状になっているので、ひじで体を支えやすいです。使用時にはベッド柵や移動用バーを外す必要があります。


「サイドテーブル」
ベッド上で上半身を起こした場合と、ベッドの端に座った場合の両方に使用できます。ベッド端に座って使用
する場合には、足元のフレームが邪魔にならないかの注意が必要です。


注意
テーブル使用時にベッドの高さ調節機能を使うと、テーブルとベッドの
間で挟み込み事故を起こす恐れがあります。使用時には十分に注意してください。

電動車椅子

歩行は可能であるが、長い時間あるいは長い距離を歩くことに支障のある高齢者や身体に障害のある方を対象として開発されたもの。


最高速度は6km以下に制限されています。上肢でハンドル操作とアクセルスイッチを操作できれば、道路交通法上は歩行車とみなされるため、運転免許は不要です。

・バッテリー
連続走行時間はバッテリーの性能に大きく左右されるため、リサイクル品を購入される際には、充電後のバッテリー残量を必ずご確認下さい。

・生活環境
お住まいが集合住宅で駐車スペースがとれなかったり、公道に出るまでに大きな段差があると、電動車椅子の導入にスロープが必要であったり、導入自体が困難となります


最低限これらの前提がクリアできた段階で、ご利用を検討されることをお勧めします。
まず、ご自身の生活環境が電動車椅子の利用可能かどうかを検討する必要が有ります。


・標準サイズ・機能


「寸法」(全長×全幅×全高)
1100〜1200×600〜700×900〜1100


「シート寸法」(座幅×奥行×背高)
400〜420×350〜400×400〜470


「重量」(バッテリー含む)
60〜100kg

「バッテリー」
24V(12V×2個)

「最高速度」
(前進)1〜6km/h(段階切替)
(後進)1〜2km/h

「連続走行距離」(良好時)
15km〜25km

「バッテリー充電時間」
5〜15時間


車椅子


車椅子はその名の通り、椅子に車輪が付いた構造になっています。
椅子には快適に座るための機能が、車輪には移動するための機能が求められます。車椅子にはさらに、無理なく安全に乗り移るための機能も必要です。
「椅子としての機能」、「移動するための機能」、「乗り移るための機能」がそろって、車椅子は初めて用をなします。
この3つの機能を重視した上で、使用する方の身体機能や介護者の介護力、生活環境に合った車椅子を選ぶことが重要です。



・2種類の車椅子

「介助式車椅子」

介護者が押して移動させるタイプで、使用者が自分で押して移動することは出来ません。使用者がご自分で移動できない場合、使用者の体重が軽い場合、押す人に力のある場合には、こちらのタイプがおすすめです。

「自走式車椅子」
使用者自身が左右の車輪に付いているハンドリムを回して動きます。ハンドルもあるので、介護者も移動させることが可能です。使用者がご自分で移動される場合、使用者の体重が重い場合、押す人に力のない場合には、こちらのタイプがおすすめです。



・サイズについて


車椅子を利用される方の性別や体格はさまざまです。
その体格に応じたサイズの製品を選ぶことはストレスのない日常生活にとって重要です。
最適な座幅は実際に車椅子に座って、手が両側に入るくらいの余裕がある幅、ともお尻の幅から5センチ程度の余裕を取った幅、とも言われています。
あまり余裕をもたせすぎると全幅が広くなってしまい、アクセスが悪くなってしまいます。(狭い通路などを通りにくくなってしまいます。)
逆に余裕が少なすぎると全幅が狭くなり、横方向の安定性を欠くことになってしまいますので、ご利用者の体格に合わせてお選び下さい。


・標準サイズ(単位:mm)

「全幅」 
 
自走式 530〜700  
介助式 500〜600

「折畳み幅」
自走式 280380
介助式 250300

「座幅×座奥行」
自走式 380420×380400 
介助式 380420×380400

「前座高」    
自走式 390470   
介助式 390470


「フットサポート長」    
自走式 350〜400  
介助式 350

「背もたれ高」       
自走式 400    
介助式 400


「肘掛高」         
自走式 235240  
介助式 235240

「タイヤサイズ」      
自走式 2224インチ 
介助式 1216インチ


「重量」
(スチール製) 
自走式 13
22kg
介護式 1020kg

(アルミ製)  
自走式 11〜15kg  
介助式 8〜12kg


・フレーム素材について

アルミ製車椅子」
スチール製車椅子に比べて軽量にできており、持ち運びが簡単です。


スチール製車椅子」
アルミ製車椅子に比べて安価ですが、重量があり、利用状況によっては錆も発生します。



・背折り機能について
背折り機能があると、車のトランクにも入れやすくなりますので、お車でのお出かけも楽になります。介護者の負担軽減にも繋がりますので、お車での外出の機会の多い方には是非おすすめです。


アームレスト/レッグサポート(足置き)取り外し

「アームレスト」
アームレストを脱着したり、跳ね上げすることで、車椅子に乗ったまま横に移動でき、効率的にベッドに移ることができます。


「レッグサポート」
レッグサポートを脱着できると、ベッドへの乗り移りのとき(足置き) に介助スペースを広く取ることができます。


copyright(c) 2011 ゆとりっぷ株式会社 All rights reserved..

ホーム
ホーム
ゆとりっぷについて
代表者の日記
ショッピング
 電動ベッド
 マットレス(標準)
 マットレス(床ずれ予防)
 エアマット
 マットレス消毒
 電動車椅子
 車椅子(介助式)
 車椅子(自走式)
 車椅子(リクライニング)
 車椅子(簡易式・その他)
 歩行器
 排泄・入浴関連
 スロープ
 手すり
 その他福祉用具
 部品コーナー
 目玉商品コーナー
 お客様の声
ご利用ガイド
 送料・設置費等について
 お支払・お引渡しについて
 消毒について
 点検・整備について
 保証・アフターサービスについて
用具選びのポイント
買取受付
消毒・修理受付
組織情報
 会社概要
 プライバシーポリシー
 サイトポリシー
業者様専用ページ
 業販店登録フォーム
 在庫情報
 福祉用具専門相談員派遣
独立開業支援
 
   facebookページへ
■電動介護ベッド ■電動車椅子 ■車椅子